三浦工匠店 新数奇屋造り100年住宅

ホーム > 新着情報 > 平成23年

平成26年平成25年平成24年|平成23年|平成22年平成21年
平成20年 平成19年平成18年平成17年平成16年平成15年


平成23年12月12日
●県立福島工業高建築科の生徒さんに校外学習を行いました

 当社社長の三浦藤夫は9日、県立福島工業建築科の「専門高校生活性化事業」で外部講師を務めてきました。同日は午前9時から、福島市笹木野の古民家・阿部邸 で建築科3年生39名の校外学習を実施しました。 当社が「離 れ座敷」改修工事を行った場所で集合した後、三浦が阿部邸の建築経緯や特長について説明を行いました。また、当主である阿部泰博さんから阿部家の生い立ち や学習の一環である「お茶の心得」などを教わった後、二班に分かれ、「建造物の見学」と「お茶会」を相互に体験して戴きました。生徒さんは、伝統的な日本 建築に先人の知恵と技法、そして日本伝統建築の数寄屋づくりの原点でもある“茶の心”を学びました。「今回の 学習をこれからの授業、そして社会生活に活かして頂ければ有り難い」と当社の三浦は話しております。また、11月30日には、同校建築科2年生を、当社が 施 工した飯坂・堀切邸内の「十間蔵」において「福島の古建築再生について」校外学習を行ってきました。
■阿部邸に関してはこちらをご覧下さい
http://www.medianetplan.com/2010/031.html

 
 


平成23年11月16日
●福島市西地区の皆さんに「古民家のおはなし」をしました

 11月15日に福島市西学習センターが地域で開催する「西地区『彩』発見講座」の第4回目の講演に当社代表の三浦藤夫が「古民家のおはなし」として講師を務めました。西地区に住む30人近い皆さんが午後6時半からの催しにもかかわらず旧「佐久間邸」にお集まりを戴きました。福島市市民活動支援課の梅津司主査から紹介を受けた後、家づくりの原点でもあります材木の種類やその寿命、そしてその材木を適材適所で使うことで何百年も保つ家が出来ると話しました。三浦が尊敬して止まない法隆寺を建立した宮大工棟梁の故西岡常一氏についてもお話をしました。そのあと、当社がこれまで手掛けてきた古民家の再生や数寄屋造り、そして文化財である福島市宮畑遺跡の野外展示掘立柱建物組上工事、堀切邸十間蔵等、着工から完成までの工程をプロジェクタースクリーンを使って説明を行いました。当社代表の三浦はこの西地区には、昔ながらの農家が点在し、その多くは古民家として後世に残る価値あるものと考えていますので、西地区の皆さんが少しでも古民家としての大切さを考えてくれるきっかけになればと思い講師をお引き受けしました。こうした催しが福島市から文化財的な価値の高い建造物がいとも簡単に解体されることに歯止めがかかれば嬉しいことですね。このことはネットマガジン・建設メディアにも紹介されました。

会場の旧佐久間邸には西地区の皆さんが三浦の「古民家のはなし」に耳を傾けて戴きました。
 


平成23年8月3日
●第11回建築匠賞に当社施工の「梅津邸」が準賞に輝きました

 当社が所属する社団法人福島県建築大工業協会が主催する「第11回建築匠賞」の選考委員会で当社が施工した「梅津誠一邸」が準賞に選ばれました。梅津邸は平成20年10月に福島市庄野地内で建築しました。同協会の選考コンセプトである景観に調和し伝統的な建築技法を駆使した木造建築物として評価されたものと思います。これからも当社の“こだわり”でもあります「明日の活力を与えてくれるのが“ホンモノの住まい”」を求めて、お客様の満足度100%をめざして頑張りたいと思います。梅津邸は木造2階建て延べ230.48平方メートルで1階が居間、寝室(3室)、書斎、台所、浴室・トイレ等、2階は居間、寝室、書斎等からなっています。

左から梅津邸の全景と玄関、そして居間です。
 


平成23年7月29日
●東日本大震災による県の応急仮設住宅が完成しました

 県が東日本大震災で災害に遭った被災者のために県内各地で進めている仮設住宅ですが、当社も県の依頼を受けて、南相馬市鹿島区に2戸を建設し7月25日に無事引き渡しが終わりました。 当社が施工しました応急仮設住宅(木造軸組板倉工法)は、快適に暮らせることを最優先に、壁材は杉板30㎜2重張りにし、遮音性、断熱性に優れた構造にしました。また。各住居間を600㎜離すことで近隣間のプライバシーにも配慮しました。木のぬくもり、香り。安らぎを感じることができるように、木の持つ調湿作用より結露やカビなどを抑制する効果もあります。また、解体時にはパネルを外すことで容易に作業が進められ、再利用も可能となっています。さらに県産材を多く利用したことで県内の林業の活性化やCO2の削減など、環境に配慮した建築工法です。
一戸当たりの面積は6坪(1DK)、9坪(2DK)、12坪(3DK)の3種類ですが当社は 6坪(1DK)、12坪(3DK)をそれぞれ請け負いました。

当社が施工した南相馬市鹿島区の仮設住宅現場です。下が建て方中の現場と内部の模様です。
 



三浦工匠店 有限会社 - 数奇屋造り100年住宅 -
TEL(024)-591-2719 FAX(024)-591-2751
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C) 2003-2009,MIURAKOSHOTEN